ドラマ「スローダンス」を人生に疲れた時に観たくなる理由

出典:フジテレビホームページ

以下、作品に対するネタバレが含まれていますので気をつけて下さい。

久しぶりに見たくなってドラマ「スローダンス」を見た。

僕が好きなドラマベスト5には入るだろう。通算で10回くらいは見ているだろうか。

相変わらず素晴らしかった。

先に言っておくと、このドラマは豪華俳優陣の割にそこまで人気の出たドラマではない。

また、熱中して噛り付いて見るようなドラマでもなければ、先が気になって一気に見るようなドラマでもない。

でも、僕は繰り返し見ることを止められない。

皆がぼんやりと感じている「自分の人生がしっくりこない」感じ

「スローダンス」は、妻夫木聡と深津絵里が主演の2005年7月からフジテレビ系の「月9」枠で放送されたテレビドラマである。

妻夫木聡が演じる芹沢理一は、自動車教習所で教官として働いており、今の生活にそこまで不満はないものの、かつて志していた映画監督になるという夢が心のどこかでずっと引っかかっている。

また、3年前に別れた恋人・あゆみ(小林麻央)の事が忘れられず、こちらもずっと引っかかっている。

しかし、仕事も恋も何か引っかかってはいるものの、具体的な行動を起こす訳ではなく、何となく日々の生活を送っている。

そんなどこか自分の人生にしっくりきていない青年である。

現実にもこういう人は多いのではないだろうか。

いや、僕みたいな20代〜30代のサラリーマンはほとんどがそうではないだろうか。

自分のやりたいことはあるけど(もしくは、やりたいことはなかったとしても)、変に謙虚で新しいことに一歩踏み出せないし、実は心の底では、そこまで踏み出す気もない。

それでいて、本当に俺はこのままでいいのか、俺の人生それで良いのかとも思っている。

かくいう僕もその1人である。

サラリーマンとして、仕事にも慣れ、日々辛いことや苦しいこと、悩みはあるものの、何とかそれと折り合いをつけて、心の中で何かが引っかかりつつも現実を生きている。

仕事以外でもそう。何となく結婚して家庭を持って家を買って…。ふとした時に、これが自分がやりたかった事なのか?と思ってしまう。

そんな心情を理一は体現してくれている。

と、まあこれだけだったら、よくある作品である。

よくある「一度の人生、好きなことをして生きるべきだ!無駄な時間は過ごすな!」なんて暑苦しさがない。それがいい。

出典:FOD

世にある多くの作品は、往々にしてこの後に、「一度の人生、好きなことをして生きるべきだ!」「今すぐ動き出せ!」みたいな熱いメッセージが含まれがちである。

こういう考え方は、特に現代において、時代の先を行く成功者たちが声高に叫んでいる。

終身雇用は終わりを迎え、多くの仕事はAIに取って代わられる。

ただでさえ仕事が少なくなるこれからの時代は、嫌々仕事してるような奴は淘汰される。好きな事に没頭している奴に勝てる訳ない。

そもそも嫌々働いてるならなぜその仕事辞めないの?好きじゃない仕事して幸せになれる訳なくね?

確かにその通りだと思う。そういう時代なんだろう。

でも、こういう話を聞くと、「わかったからちょっと待って」と思うのは僕だけだろうか。「わかってるから。でもそんな焦らさないで」と。

理解もしてるし、異論もない。でも、急にそんな事言われても。そんな感じかな。

スローダンスに話を戻すと、漫画スラムダンクの有名な一節が、昔、教育実習に来ていた衣咲(深津絵里)が生徒だった理一に向けて言った言葉として登場する。

バスケ部の顧問である安西先生が、一度は不良の道に進んだミッチーにかつて言った言葉「諦めたらそこで試合終了ですよ」である。

この言葉を聞いた理一は、一度は映画監督の夢に向けて進むものの、なんやかんやで教習所の先生をやっている訳であるが、

今度は教習所の生徒として過去とは逆の立場で出会った衣咲から

「好きなんでしょ映画。叶わなくてもおじさんになってもおじいちゃんになっても夢は映画監督ですって胸張って生きればいいじゃん。諦めなきゃ夢はずっと終わらないんだから。」

と言われ、

いよいよ本格的に映画監督の夢へ進む決心をする。

そして、教習所の仕事を辞める。

そして、映画を撮らずタコライス屋でバイトを始める。

なんてダメな奴なんだ理一。

でも、このドラマの良い所は、この緩さなのである。

スローダンスにも、やりたい事をやれというメッセージは確かにある。だか、何というかそこには、時間を惜しんでストイックに努力をし続けて夢を叶えるみたいな少年ジャンプ的な暑苦しさがない。

人生なんて何とかなるから、やりたい事をマイペースにやっとけよ、みたいなそんな緩さがある。

よく晴れた日曜日の朝のような爽やかな世界観

その緩さを表現するのに一役かっているのは、ドラマの世界観である。

まるで、よく晴れた日曜日の朝みたいに爽やかでゆったりとした時が流れているようなそんな世界観である。

その世界観を作り上げているのは、まずは、作中に使われている音楽。

特にAAAの宇野実彩子が唄う曲の数々は、優しく心を包み込んでくれるような名曲ばかりである。

次に、妻夫木聡、深津絵里、藤木直人、広末涼子、田中圭、西野亮廣、小泉孝太郎など、爽やかで癖のない豪華俳優陣(なぜか途中で真木蔵人という急に濃いめの人が出てくるが)。

その他にも、
・藤木直人と広末涼子の美男美女の胸キュンの告白シーン

・同級生を演じる若かりし妻夫木聡、田中圭、西野亮廣のわちゃわちゃ感

・度々登場するヘミングウェイコーヒーや夢の蔵に集まる登場人物達の軽妙なやりとり

・深津絵里の思わずにやっとしてしまうような自然な演技

と、挙げだしたらキリがない程、素晴らしい部分がたくさんあるドラマである。

「ゆっくりゆったり踊るように」。僕が繰り返しこのドラマを見てしまう理由。

このように、このドラマ特有の緩さと世界観が、人生において定期的にやってくる悩みに対して、「まあいいんじゃない?そんな事もあるよ」と言ってくれているようで。

まあまあ、そこまで深刻に考えずに「ゆっくりゆったり」身を任せてたらなるようになるよと言ってくれているようで。

その感じが、いろいろ悩みを抱えて深刻になっている時に観ると、肩の力がふっと抜けて、救われる感じがするのである。

だから、定期的にみたくなる。心が疲れた時や人生に悩んだ時に見たくなるのである。

これが僕が繰り返しこのドラマを観たくなる理由だ。

最後に、昔から何でも出来る理一の兄・英介(藤木直人)が突然エリートサラリーマンを辞めた時の言葉を紹介しようと思う。

「羽しんどくて。スズメとかインコとかああいう小さい鳥って、パタパタパタパタ絶えず羽動かしてないと落っこちちゃうでしょ。そうじゃなくてふわーっと飛ぼうかと。鷹とか鷲みたいに漂うように、ゆっくりゆったり踊るように飛びたいんだよね。」

あー、危ない。またパタパタ羽を動かし始めていた。僕も「ゆっくりゆったり踊るように(スローダンス)」飛びたいんだった。

【90年代ドラマ視聴方法】懐かしい!必見のお勧めドラマはこれだ!!(パート3)

出典:FOD

はじめに

90年代ドラマのお勧めと視聴方法のご紹介パート3です。

今回は、言わずと知れた恋愛ものの金字塔である東京ラブストーリーや青春ドラマの代表格である白線流しなどを紹介します!

⇒パート1から見たい人はこちら

動画配信サービスで見れる90年代のお勧めドラマ3選

まずは動画配信サービスで見ることができるお勧めを紹介します。

これらの嬉しいポイントは、どの動画配信サービスも、ある期間は無料体験が用意されていることです。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、無料で楽しめてしまいます。

今回は、当時黄金期を迎えていたフジテレビの3作品をご紹介。

では、どうぞ。

東京ラブストーリー

出典:FOD

1991年の毎週月曜21:00から放送されていた「東京ラブストーリー」。

愛媛の田舎から上京してきた永尾完治(織田裕二)と会社の同僚である赤名リカ(鈴木保奈美)。

そして、完治の高校時代の同級生で共に東京で暮らす関口さとみ(有森也実)と三上(江口洋介)の4人を中心とした恋愛模様を描く。

携帯電話がない時代のすれ違いや今は少なくなった王道のラブストーリーはとても印象的で、青春時代に見ていた人はそのストーリーと共に当時の記憶がフラッシュバックするだろう。

なお、放送時間には「街からOLが消える」とまで言われ社会現象を巻き起こしたドラマである。

脚本は「P.S. 元気です、俊平」や「あすなろ白書」などを手掛けた柴門 ふみ。

主題歌は、小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。

また、2020年には、出演者やストーリーを一新したリメイク版が配信された。

⇒リメイク版の感想や本作との比較はこちら

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)
Amazon prime videoで観る(30日間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

王様のレストラン

出典:FOD

1995年の毎週水曜21:00から放送されていた「王様のレストラン」。

出演は、松たか子の父である松本幸四郎や筒井道隆など。

父親の死で、突然フレンチレストラン「ベル・エキップ」の若きオーナーになった原田禄郎(筒井道隆)と何となく働いている従業員たち。

そこに、かつての「ベル・エキップ」で働いた経験を持つ伝説のギャルソン千石武(松本幸四郎)が現れる。

千石に触発された若者たちが、潰れかけのフレンチレストラン再建を目指し奮闘する、シニカルで痛快な人間ドラマである。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

Age,35 恋しくて

出典:FOD

1996年の毎週木曜22:00から放送されていた「Age,35 恋しくて」。

主演は、中井貴一と田中美佐子。

今流行りの不倫ものである。

幸せな家庭を持つ島田 英志(中井貴一)とその妻である朱美(田中美佐子)だが、英志は会社で役員の秘書を務める照井 ミサ(瀬戸朝香)と不倫関係にある。

一方、夫に疑惑を抱きながらも、幸せのために見て見ぬふりをしていた朱美は、大学の同級生であるシン(椎名桔平)に次第に惹かれていき不倫関係に陥るが・・・。

主題歌は、シャ乱Qの「いいわけ」。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)

宅配レンタルで見れる90年代のお勧めドラマ2選

次は、残念ながら動画配信サービスでは見ることができないが、TSUTAYAの宅配レンタルでDVDを借りることができるお勧めを紹介します。

TSUTAYAの宅配レンタルを利用するには、「TSUTAYAディスカス」に登録する必要がありますが、こちらも初月は無料体験があり、8枚まで無料でDVDを借りることができます。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、こちらも無料で楽しめてしまいます。

⇒TSUTAYA DISCASへ無料登録する
では、どうぞ。

おいしい関係

出典:TSUTAYA DISCAS

1996年の毎週月曜21:00から放送されていた「おいしい関係」。

主演は、中山美穂。

亡くなった父との最後の晩餐となったコンソメスープの味が忘れられない百恵(中山美穂)。

ある日、匂いにつられて入ったレストランでコンソメスープを飲んだ彼女は衝撃を受ける。

1杯のコンソメスープから始まる恋物語を描いた、槇村さとるの人気コミックが原作のドラマ。

中山美穂演じる美食家だが料理は素人の主人公が、父との思い出のコンソメスープを作ったシェフと出会い、恋に落ちていく。

白線流し


出典:TSUTAYA DISCAS

1996年の毎週木曜日の22:00から放送されていた「白線流し」。

主演は、長瀬智也と酒井美紀。

ある高校で、昼間と夜間の定時制で同じ机を使う園子(酒井美紀)と渉(長瀬智也)の出会いと交流を軸に、少年少女たちがひたむきに生きる姿を清々しく描く、卒業間近の3年生を中心とした男女7人の青春物語。

偶然出会った定時制生徒との友情、恋愛を舞台である長野県松本市の静かな風景の下で高校卒業まで綴っていくストーリー。

青春を描く数々のドラマの中でも私が最も推すドラマです。ぜひ、一度ご覧ください。

主題歌は、スピッツの「空も飛べるはず」。

まとめ

いかがでしたしょうか。

今回は特に、個人的に思い入れの強い「東京ラブストーリー」と「白線流し」をご紹介しました。

あなたが最も思い入れのあるドラマは何ですか?

ぜひ、もう一度ご覧になって当時のことを思い出してみましょう。明日への活力になるかもしれませんよ。

【90年代ドラマ視聴方法】懐かしい!必見のお勧めドラマはこれだ!!(パート2)

出典:FOD

はじめに

前回に引き続き、90年代ドラマのお勧めと視聴方法をご紹介します。

当時青春の真っただ中だった人もそうでない人も、必ず楽しめると思いますので、ぜひ見てみてください。

⇒パート1はこちら

動画配信サービスで見れる90年代のお勧めドラマ3選

まずは動画配信サービスで見ることができるお勧めを紹介します。

これらの嬉しいポイントは、どの動画配信サービスも、ある期間は無料体験が用意されていることです。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、無料で楽しめてしまいます。

今回は、当時黄金期を迎えていたフジテレビの3作品をご紹介。

では、どうぞ。

愛という名のもとに

出典:FOD

1992年の毎週木曜22:00から放送されていた「愛という名のもとに」。

大学時代のボート部の仲間である男女7人が、3年後社会人になって恩師の葬儀で再会する。

表面上は順調に日々を送っているように見えるが、実は内面で様々な悩みや苦悩を抱える若者達を描く青春群像劇である。

また、バブル崩壊直後の世相を反映した世界観となっている。

その7人を鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介などが演じる。

脚本は「一つ屋根の下」や「人間・失格」などを手掛けた野島伸司。

主題歌は、浜田省吾の「悲しみは雪のように」。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

振り返れば奴がいる

出典:hulu

1993年の毎週水曜21:00から放送されていた「振り返れば奴がいる」。

主演は、織田裕二と石黒賢。

派閥争いや内部権力が横行する大学病院を舞台に、織田裕二演じる天才的な技術を持つが冷徹医師と石黒賢が演じる正義感が強い熱血漢な医師の衝突や、病院内の人間模様を描く。

脚本は、「古畑任三郎」や「ザ・マジックアワー」などを手掛ける三谷幸喜。

主題歌は、CHAGE&ASKAの「YAH YAH YAH」。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

29歳のクリスマス

出典:FOD

1994年の毎週木曜22:00から放送されていた「29歳のクリスマス」。

主演は、山口智子と柳葉敏郎、松下由樹である。

29歳の誕生日を迎えた主人公(山口智子)を含めた男女三人の友情や、それぞれが迎える結婚や不倫、妊娠など人生の節目となる出来事を、それぞれがどう捉えどう生きていくかを描く。

主題歌は、マライアキャリーの「All I Want for Christmas Is You」。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

宅配レンタルで見れる90年代のお勧めドラマ2選

次は、残念ながら動画配信サービスでは見ることができないが、TSUTAYAの宅配レンタルでDVDを借りることができるお勧めを紹介します。

TSUTAYAの宅配レンタルを利用するには、「TSUTAYAディスカス」に登録する必要がありますが、こちらも初月は無料体験があり、8枚まで無料でDVDを借りることができます。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、こちらも無料で楽しめてしまいます。

⇒TSUTAYA DISCASへ無料登録する
では、どうぞ。

セカンドチャンス

1995年の毎週金曜日の21:00から放送されていた「セカンドチャンス」。

出演は、田中美佐子や赤井英和、堂本剛など。

脚本は「元カレ」や「青青の時代」などを手掛けた小松江里子。

不慮の事故で夫と死別した3人の息子を抱える未亡人母(田中美佐子)と妻と離婚しひとり娘と暮らすバツイチ男性(赤井英和)の恋模様を描いた、ホームドラマ。

主題歌である岡本真夜の「TOMORROW」は大ヒットを記録した。

未成年


出典:TSUTAYA DISCAS

1995年の毎週金曜日の22:00から放送されていた「未成年」。

主要キャストは、若き日のいしだ壱成、香取慎吾、反町隆史、河相我聞、グレチキ北原、歌手デビュー前の浜崎あゆみなど豪華キャスト。

出来の良い兄にコンプレックスを持つ高校生(いしだ壱成)、暴力団構成員(反町隆史)、知的障害を持つ若者(香取慎吾)など、様々な悩みや苦悩を抱える若者たちが、大人たちへの反抗や友人の死など様々な事情を引き金に大事件を起こしていく衝撃作品。

脚本は、野島伸司であり「高校教師」「人間・失格」に本作品を加え“野島3部作”と言われる。

まとめ

いかがでしたしょうか。

90年代と言えば、やはりフジテレビの黄金期ということで、フジテレビの作品には面白い作品が揃っているように思います。

しかし、最後に紹介した「未成年」なども、フジテレビではなく動画配信サービスでも観ることができませんが、とても良い作品ですので、ぜひ機会があれば観て頂きたい作品です。

次回以降も、どんどん紹介していきます!

【90年代ドラマ視聴方法】懐かしい!必見のお勧めドラマはこれだ!!(パート1)

出典:hulu

この記事は、こんな人向けに書いています。

・あの頃の懐かしいドラマを見て昔を思い出したい。

・昔見ていたあのドラマを見る方法を知りたい。

ぜひ、ご一読ください!

はじめに

日々の仕事や家事・育児などに忙殺されて、疲れやストレスがたまる毎日。しかも、あっという間にこんな年齢に・・・。何か疲れたな・・・。

そんな時にふと、懐かしい音楽やドラマに触れて当時の思い出が蘇り、少し元気が出たなんて経験は誰しもあるはずです。

このドラマ大好きだったなとか、あの人と一緒に見ていたなとか、あの人のこと好きだったなとか。

はたまた、街はこんな感じだったなとか、あそこでよく遊んだよなとか。

その懐かしさを感じると、嬉しいような切ないような複雑な心境になりつつも、なぜかその感覚を追い求めてしまうようなことが、あなたにもあるのではないでしょうか。

今回は、そんなあなたに向けて、90年代ドラマのお勧めと視聴方法をご紹介します。

変化が激しく何かと疲れる現代において、たまには昔を懐かしんで感傷に浸る時間があっても良いのではないでしょうか。

動画配信サービスで見れる90年代のお勧めドラマ3選

まずは動画配信サービスで見ることができるお勧めを紹介します。

これらの嬉しいポイントは、どの動画配信サービスも、ある期間は無料体験が用意されていることです。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、無料で楽しめてしまいます。

では、どうぞ。

愛していると言ってくれ

出典:hulu

1995年の毎週金曜22:00から放送されていた「愛していると言ってくれ」。

主演は、常盤貴子と豊川悦司であり、脚本は「ロングバケーション」や「オレンジデイズ」など数々のヒットドラマを生み出している北川悦吏子。

とよえつ演じる聴覚障害を持つ画家と常盤貴子が演じる女優を目指す女性の愛を描く。

主題歌であるドリカムの「LOVE LOVE  LOVE」も大ヒットした。

観れる動画配信サービス

Huluで観る(2週間無料)
Amazon prime videoで観る(30日間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

クリスマス・イブ

出典:hulu

1990年の毎週金曜21:00から放送されていた「クリスマス・イブ」。

主演は、仙道敦子と吉田栄作。

大手銀行のエリート男性と一般職の女性の行内恋愛をとてもロマンチックに描く。

バブル末期の世相を反映した世界観にも注目。

主題歌は、言わずと知れた名曲である辛島美登里の「サイレント・イブ」。

観れる動画配信サービス

Huluで観る(2週間無料)
TSUTAYA DISCASで観る(30日間無料)

すてきな片想い

出典:FOD

1990年の所謂「月9」枠で放送されていた「すてきな片想い」。

主演は、中山美穂と柳葉敏郎であり、脚本は「一つ屋根の下」や「人間・失格」などを手掛けた野島伸司。

平凡なOLとサラリーマンの恋模様をコメディータッチで描きつつ、せつない純愛を描き出す。

主題歌は、中山美穂の「愛してるって言わない」。

観れる動画配信サービス

FODで観る(2週間無料)

宅配レンタルで見れる90年代のお勧めドラマ2選

次は、残念ながら動画配信サービスでは見ることができないが、TSUTAYAの宅配レンタルでDVDを借りることができるお勧めを紹介します。

TSUTAYAの宅配レンタルを利用するには、「TSUTAYAディスカス」に登録する必要がありますが、こちらも初月は無料体験があり、8枚まで無料でDVDを借りることができます。

なので、見たいドラマだけ見て解約してしまえば、こちらも無料で楽しめてしまいます。

⇒TSUTAYA DISCASへ無料登録する
では、どうぞ。

人間・失格

出典:TSUTAYA DISCAS

1994年の毎週金曜日の22:00から放送されていた「人間・失格」。

主演は赤井英和で、KinKi Kidsの二人が揃って主要な役を演じています。

脚本は「すてきな片想い」と同じ野島伸司。

当時、社会問題となっていた「いじめ」「体罰」「自殺」など描き、その内容はかなりショッキングなものとなっています。

恐らくその過激な内容から、再放送や動画配信サービスされることは今後もないのでは?と思いますが、今観てもいろいろと考えさせられるドラマです。

人生は上々だ

出典:TSUTAYA DISCAS

1995年の毎週金曜日の21:00から放送されていた「人生は上々だ。

主演はお笑いのスーパースター浜田雅功とアイドルのスーパースター木村拓哉という豪華キャストです。

ギャンブルに溺れ借金を抱える若者と非情にはなり切れない借金取りとの奇妙な友情を描く。

主題歌は、SMAPの「俺たちに明日はある」。

まとめ

いかがでしたしょうか。

当時観ていた人はもちろん、初めて見る人も必ず楽しめるドラマ達です。

まだまだ紹介し足りませんので、次の記事も、よろしければご覧ください。

⇒次の記事を観る

【新旧比較】リメイク版東京ラブストーリーを観た感想

フジテレビ制作『東京ラブストーリー』公式サイトよりhttps://www.fujitv.co.jp/tokyolovestory/

リメイク版「東京ラブストーリー」が遂に配信開始された(2020年5月14日時点で第6話まで配信されている)。

1991年の「月9」枠で放送された東京ラブストーリー。当時は、「月曜の夜は街からOLが消える」とまで言われ、その最高視聴率は32%以上と言われている。

もともと、東京ラブストーリーの大ファンである僕からすると、マジ楽しみなのである。

早速、リメイク版を観てみたので、新旧ドラマの比較・感想を記載したい。

新旧ドラマの比較

①配役について
まずは配役である。主要4人は以下の通り。

画像の左から
・永尾完治 役:(旧)織田裕二⇒(新)伊藤健太郎

・赤名リカ 役:(旧)鈴木保奈美⇒(新)石橋静河

・関口さとみ 役:(旧)有森也実⇒(新)石井杏奈

・三上健一 役:(旧)江口洋介⇒(新)清原翔

②主題歌
次に主題歌である。

東京ラブストーリーといえば、小田和正の「ラブストーリーは突然に」だが、リメイク版ではvaundyの「灯火」という曲が使われている。

この曲もまた今回のドラマに不思議なほどマッチしている。

③ストーリー
2020年5月14日時点でリメイク版は第6話まで配信されているが、今の所、大筋のストーリーは旧作を踏襲しているようである。

但し、例えば、旧作ではキーポイントになる携帯電話がない事によるすれ違い等は新作では描かれず、LINEでのやり取りが随所に見られるなど、細かい部分は現代版にリメイクされている。

また、「ねえ、セックスしよ」など印象的なセリフは新作でも所々で登場するが、残念ながら、完治は「ずっちーな」とは言わない(因みに屋台ごとおでんを持ってこないしジョンレノンの代わりにも歌わない)。わからない人は旧作を参照。

④登場人物の人物像(個人的見解含む)
完治は優柔不断な事に変わりはないが、新作では、よりナヨっとして草食男子感が強い(ただ、このヘタレな感じがまた良かったりする)。

リカは、掴み所がないがどこか憎めない自由奔放さやキュートさは健在だが、旧作ではどちらかというとぶりっ子で女の子な感じだったが、新作では男勝りで気が強いという印象。

さとみは、旧作よりイライラ度は少し下がった気がする(何かあると自分の事を好きな完治に連絡するという性格の悪さは健在)が、新作ではメンヘラ度が格段にパワーアップしている。

三上は旧作と印象が近く、イケメンチャラ男であることや、根はいい奴なのに思っている事と違うことをしてしまう風見鶏的な性格も良く似ている。

新旧ドラマを観た感想

ここからは個人的な感想を。

まず、リメイク版は、観る前は少し不安だったが、毎週水曜日0時の最新話配信が待ち遠しいくらい面白い。

旧作からのファンである僕には、旧作とは異なると感じる部分ももちろん多くある。

しかし、

相変わらず完治とさとみには随所にイライラさせられるのになぜかそれが癖になって続きが見たくなるし、

相変わらずリカの掴み所のない自由奔放さと健気さは魅力的だし、

相変わらず女癖の悪い三上の色気には男として少し羨ましいなと思うのである。

何より、近年のテレビドラマに王道のラブストーリーが無くなってきていることもあり、ある意味新鮮で、新作版ならではの面白さがある。

今後のストーリー展開がどうなるのか、果たして石井杏奈は恐怖のおでん女になれるのか(またまた、わからない人は旧作を参照)、わくわくしながら今後も楽しみたいと思う。

あと、何気にさとみの保育園の同僚である新作ときちゃんが良い感じである。

また、旧作を観たことがない世代は、旧作をぜひ観てみて欲しい。

王道のラブストーリーと、その時代ならではの状況が作り出す切なさをぜひ味わって頂きたい。
(毎回「ラブストーリーは突然に」のイントロが流れた瞬間にぐっと胸が締め付けられる。最終回なんか切なさで胸が爆発しそうになるのでご注意を)

僕も改めて旧作を見てみたが、とても楽しめた。

冷静に考えると、現実には関わり合いたくないような、とんでもねぇ奴のオールスターである。

それでもやはり今でも純粋に楽しめてしまうし、鈴木保奈美が演じるリカのかわいさは時代を超えて優勝である(千堂あきほも捨てがたい・・・)。

新旧東京ラブストーリーを観るには・・・

フジテレビの公式動画サイトである【FODプレミアム】、もしくはAmazonプライム会員になれば観ることができる【prime video】であれば、両作を観ることができる。

⇒FODプレミアム 無料体験(2週間無料)はこちら

⇒Amazonプライム会員 無料体験(30日間無料)はこちら